自分でなおす!物も体も心も!

素人が何でも自分で直す・治す記録。日常で壊れる物、痛む体、悪い癖、物も体も心もなおす小ネタから専門的なことまで。直らない時もあるけど。それも含めてぜひご自分の生活に活かしてください。written by SEGE

ミシンのフットペダルが根もとから断線【切れた電線のつなぎ方③】

 ミシンのフットペダルが根もとから断線【切れた電線のつなぎ方③】

関連記事:切れた電線のつなぎ方①

切れた電線のつなぎ方② 

  

今日の前置き

 

おはようございます。SEGEです。

 

うちの奥さんはミシン使いです。昨今、コロナでミシンを使うようになった方も多いでしょう。

 

奥さんはここ何年かミシンで内職しています。家でできるので、これってコロナ生活の走りなんじゃない?と思うくらいです。

 

まあ内職といっても仕事がない月の方が多いくらいなんですけど。

 

うちの奥さんの場合は服飾の専門を出ていて、当時からずっと仕事と言えば服関係しかしてきてません。

 

子供ができるまでの数年間はスタイリストをしていました。そのあとは最近ではもう珍しい方になってきた専業主婦です。ぼくのかせぎがいいわけじゃないですよ。

 

悪くはないですが公務員並みです。

 

奥さんは子供ができたとき、「自分が子供をちゃんと見ていたい。」と言っていて、子供を誰かに見てもらうということができないタイプでした。

  

自分が見ていないと気持ちが落ち着かないんです。

 

とてもいいことです。(そういうふうに思うんだあ。)と関心したのを覚えています。彼女のおかげで我が家は成り立っています。

 

ぼくは別に専業主婦をすすめているわけじゃありません。むしろ「女性でも働くって大切なことだよ。」と言ってすすめていたほうです。

 

働くことで得るものはお金以外にもたくさんありますよね。

 

それで一人目の子供ができたときは2歳から服のお直し屋さんでパートで働いて、一時保育を利用していました。

 

でも2人目が生まれるときにやめています。しかも2人目は3か月も早い早産で700kg代でした。

 

すごい大変でしたが、乗り越えて家族の絆が深くなりました。2人目の娘は今は4歳。心配もありましたが、なんと元気に成長しています。

 

そのあとは働いてません。なのでぼく1馬力でどう4人家族を切り盛りするか、日々努力しています。

 

でもできたらちょっとでも稼ぎたいし、かといってがっつり働くのも奥さん的には無理、ということでここ数年内職しています。

 

手芸屋さんに持ち込まれるオーダーに答えてミシンで作るというものです。

 

例えば園バッグとか、靴袋とか、幼稚園や学校関係の物でお母さん本人がつくれない場合、手芸屋さんにそれを注文して作ってもらうというシステムがあるんですよ。

 

それをお店は契約しているミシン使いの職人さんにお願いするというわけです。

 

ただ本当にお小遣い程度というか、園関係、学校関係の物がほとんどだからそれって新学期の前の冬にしか注文が来ないです。

 

何か月も何も仕事がなく、冬だけ月に10件前後あるくらいです。

 

本当にお小遣い程度ですね。でも家でできるので、

 

でもそのミシンが断線してしまいました。ミシンのフットペダルです。

 

これだめだったら仕事にならんわな。腕がなります。

 

 --------------------------------------------------------- 

 ☆あとばなし

妻「さすがにこれは無理でしょ。」

おれ「いや直せるって。根もとだけどできるんだよ。」

妻「え?これも直せるの?もうアマゾンでかわりの注文しちゃった。」 

(さきに言いなさい。見た目にだまされてはいけません。) 

さて本題です。

 ミシンのフットペダルが根もとから断線【切れた電線のつなぎ方③】

f:id:SEGE:20210110201828j:imagef:id:SEGE:20210110201752j:image

薦め度・・・これは薦められません。素人がやると事故になる可能性があります。まねしてはいけません。自己責任でお願いします。

真剣度☆☆☆☆☆

難易度☆☆☆☆

技術度☆☆☆☆

解決度☆☆☆☆☆

対象:奥さんのミシンのフットペダルの根もと

症状:明らかに断線。裂けて銅線が見えている f:id:SEGE:20210110201752j:image

 

成り行きと見立て

切れている場所が見えていて場所がわかるということは直しやすくてありがたいです。

 

ですが、この根もと?

 

見た目ちょっと無理かなあと思いますよね。でもこの根もとのところも切り崩していけば、その中にはただ電線があるだけなんです。

 

もちろん昔いじって分解したので知ってます。基本に忠実になれば特に珍しいことはないです。直せます。

 

この根もとの部分は電線がペダルの出口のところに当たって切れやすくなるのを守ってくれているわけです。

 

断線ガードなんですね。

 

ところが使いすぎていると、その守ってくれているガードの際で切れてしまうという現象です。

作業

①断線部分のまわりをカットする

こうやってカットしていきます。

f:id:SEGE:20210110201831j:image

 

まわりをきれいに取っていくと中に電線がこのように通っているんです。この瞬間が快感!!

f:id:SEGE:20210110201803j:image

 

②断線部分の膜を取り外して、銅線をむき出しにする

今回はとなりの線は切れていないので、となりはむき出しにしません。

f:id:SEGE:20210110201825j:image

③銅線をよじって連結し、ビニールテープで巻く。

となりの線も切れていて、むき出しにする場合は、2本の銅線が絶対触れないようにします。

f:id:SEGE:20210110201759j:image

f:id:SEGE:20210110201822j:image

 

④ガードをもとにもどす

切り取っておいた部分をもとにもどします。パズルみたいで楽しいですよ。

f:id:SEGE:20210110201815j:image

f:id:SEGE:20210110201818j:image

 

⑤はい完成!

f:id:SEGE:20210110201756j:image

 

⑥一連の流れを動画でどうぞ

vimeo.com

 

⑦通電の確認

vimeo.com

まとめです。

 根もとが切れていても、ガード自体をばらしていけば断線を直せる

  

おしまい

 

今日の関連記事:切れた電線のつなぎ方①

切れた電線のつなぎ方② 

 

☆このブログ「自分でなおす」は、あくまでも素人の投稿ですので、正しいなおし方かどうかの保証はありません。おっさんがんばってるなあ、それはちがうだろとか思っていただけたら満足です。みなさんのお役に立てる情報になれば、なおうれしいです。

プロの方からのクレームはお控えください。反対に耳寄りな情報、解決法を教えていただけたら大変ありがたいです。読者の方々にとってとても有意義なものになると思うので、ぜひ教えてください。

 

ご拝読ありがとうございました。