自分でなおす!物も体も心も!

素人が何でも自分で直す・治す記録。日常で壊れる物、痛む体、悪い癖、物も体も心もなおす小ネタから専門的なことまで。直らない時もあるけど。それも含めてぜひご自分の生活に活かしてください。written by SEGE

筒型水鉄砲の中でゴムが外れたのを直す

 筒型水鉄砲の中でゴムが外れたのを直す

今日の前置き

 

こんばんは。SEGEです。最近投稿が夜になることがあります。よる投稿でもよろしくです。

 

今年もみょうがの収穫!

f:id:SEGE:20210801150933j:image

 

我が家は中古ですので、前の家主さんが植えていたのか、勝手にみょうがが生えてきます。

 

今年は去年に比べていいのがぼこぼこ生えてきますが、去年はぼくが横にショウガを植えたからでしょうか。小ぶりでした。

 

今年はしょうがはやめて、そのエリアはみょうがだけにしてあげました。

 

それとみょうがのねっこもばらばらになっていたので、少し寄せ集めて植えなおしたのも影響したかもしれません。

 

ちゃんとうまいです! 

さて本題です。

 筒型水鉄砲の中でゴムが外れたのを直す

f:id:SEGE:20210810203220j:image

f:id:SEGE:20210810203157j:image

薦め度☆☆

真剣度☆

難易度☆☆☆

技術度☆☆

解決度☆☆

対象:奥さんが家プール用に子供に買い与えたやっすい水鉄砲2つとも

症状:中のゴムが外れてスムーズに機能しない。いちおう機能するけど水を吸いにくい

 

成り行きと見立て

ちゃんと作られたものならこうはなりません。

 

日本製ではなく、製造者がテストを怠っているとしか思えません。1日でゴムが外れました。

 

安物なので仕方ないですが、直したい病のぼくの心は燃えてしまうので、やはり直します。

 

中のゴムを外すためには、ピストンの棒を抜かなくてはなりません。

 

でも、当然抜けません。簡単に抜けてしまうようでは、棒をすばやく引いて水を吸うことができないですから。

 

しかしこのストッパーの部分、ちゃんと接着されてしまっているようで、どうやっても抜けません。無理やりペンチで抜こうとしてももはや壊れてしまいそうな弱さ。

f:id:SEGE:20210813195118p:plain


ということで、切断してしまうことにしました。

作業前半と道具

竹や塩ビ管などを切る用ののこぎりを使います。アクリルカッターもトライしましたが、いまいちでした。曲面には向きませんね。

f:id:SEGE:20210810203204j:image

 

ぎこぎこ。のこぎりの刃が滑ってしまいにくいように、筋をつける役としてアクリルカッターもつかいましたが、筋をつけるのは普通のカッターで十分です。

f:id:SEGE:20210810203227j:image

 

棒を取り外せました!

f:id:SEGE:20210810203224j:image

そして長い割りばしとかで中のゴムをほじくりだしましょう。

f:id:SEGE:20210810203150j:image

f:id:SEGE:20210810203329j:image

 

作業後半と道具

ここからは、どう原状に戻していくかです。ニッパーとやすりをつかいます。

f:id:SEGE:20210810203217j:image

f:id:SEGE:20210810203144j:image

 

ストッパーに接着されている筒の断片を外さないともとの筒にストッパーをはめられません。

 

ストッパーと筒の断片は完全に接着されているのでどうはがすか。ニッパーでむりやりはがします。初めにニッパーの刃を入れるのがちょっと大変。

f:id:SEGE:20210810203201j:image

 

写真はいまいちですが、けっこううまく剥がれます。

f:id:SEGE:20210810203207j:image

 

そして筒の方ののこぎりの切り口ががたがたなので、やすりできれいにします。

f:id:SEGE:20210810203154j:image

 

あとははめるだけ!まずは試しにはめてみます。ここで考えたのが、また接着してしまったら、今度外すときはまた切らなくてはならないということです。

f:id:SEGE:20210810203214j:image

 

どうせまたゴムは外れそうなので、接着はやめて、このままはめることにしました。接着しなくても気を付けて使えばストッパーは外れない程度の強さではまっています。

 

はい、ゴムをはめます。

f:id:SEGE:20210810203211j:image

 

もとにもどします。

f:id:SEGE:20210810203326j:image

 

そして2つとも同じように直しました!
f:id:SEGE:20210810203147j:image

まとめです。

安物なら安物なりの直し方があります。多少切ったりしても直るならいいやとか、また壊れること考えると直しすぎない、という考えも必要です。

 

あと、「この程度の壊れ具合なら捨てちゃって新しいのを買おう」とか、「もともともっと高いのを買っておこう」という考え方もありですね。

 

やはり「安かろう悪かろう」ですから。

 

ちなみに直した水鉄砲の1つは、またその日にゴムが外れてしまいました。

 

すぐに直せるのでストッパーを接着しなくてよかったです。

 

そもそもこの水鉄砲の問題点は何かというと、筒の直径とゴムの直径とのバランスや、それに見合うゴムの強さが適切ではないんですね。

 

ちょうどいいゴムがあればよりゴムが外れずに使い続けられると思います。

 

 おしまい

 

☆このブログ「自分でなおす」は、あくまでも素人の投稿ですので、正しいなおし方かどうかの保証はありません。おっさんがんばってるなあ、それはちがうだろとか思っていただけたら満足です。みなさんのお役に立てる情報になれば、なおうれしいです。

プロの方からのクレームはお控えください。反対に耳寄りな情報、解決法を教えていただけたら大変ありがたいです。読者の方々にとってとても有意義なものになると思うので、ぜひ教えてください。

 

ご拝読ありがとうございました。