自分でなおす!物も体も心も!

素人が何でも自分で直す・治す記録。日常で壊れる物、痛む体、悪い癖、物も体も心もなおす小ネタから専門的なことまで。直らない時もあるけど。それも含めてぜひご自分の生活に活かしてください。written by SEGE

1km走ると500円投資するのと同じ

 1km走ると500円投資するのと同じ

 

今日の前置き

 

 

おはようございます。SEGEです。

 

ぼくは勉強のためにNHKスペシャルためしてガッテンはを毎週録画しています。

 

Nスぺでサカナクションの山口さんと、サッカーの長谷部選手とバドミントンの奥原選手が特集されていました。

 

奥原さん好きなんだよなあ。

 

じゃなくてサカナクションの山口さんが素敵でした。

 

「コロナでリスナーと自分が同じ感覚になった。夜どう乗り越えるか、同じように不安になる。ぼくらがつくらなきゃいけないのは、ライブで盛り上がるだけの音楽じゃなくて、その人の心のすきまに入り込むもの。」

とおっしゃってました。

 

最近ぼくも音声配信で歌を配信しはじめました。

 

まさに、そう思います。

 

ぼくも音声配信では盛り上げることは考えず、それはライブでやっているし、盛り上げる方向にしてしまっては見失ってしまうものがそこにあると感じています。

 

曲を作った原点にもどるという意識で歌い、しゃべり、その原点にリスナーに触れてもらいたい、その原点でリスナーの心に一つプラスのものがあがられたらと思っています。

 

1対1で歌を聴かせるときに、盛り上げようとしますか?ぼくは真摯に歌おうと思います。むしろ盛り上げようとしたらなんだか滑稽ですよね。

 

そういう感覚です。

 

  --------------------------------------------------------- 

☆あとばなし

おれ「テレビでいいのやってたよ。」

奥さん「ひょっとしてためしてガッテンじゃない?」

おれ「う、うん。」

奥さん「あれ嫌いなんだよね。」

おれ「でもためになるよ。」

奥さん「それはわかっているけど、番組が嫌い。」 

価値観の違いは、強制できません。

 

さて本題です。

 1km走ると500円投資するのと同じ

 

f:id:SEGE:20210219000901p:plain

ぼくはほぼ毎日1km走るというのをやってます。もちろん健康のためですが、健康は実は資産運用です。投資です。

 

ぼくのここ3年の医療関係、健康関係にかけたお金を計算してみました。

 

3年前 81145円

2年前 39382円

1年前 23277円 (胃カメラでの検査を入れると+10000円です)

 

一目瞭然です。減ってます。

 

今年の詳細を見ると、

① 薬700円、整体7000円、目薬547円、耳鼻科・内科での精密検査11320 円。

 

②他にかかったのは、予防接種2300円、歯間ブラシ355円×2、パルスペン700円、視力回復本2300円です。

 

耳鼻科・内科での精密検査はコロナ禍で風邪をひいたので大げさに検査した結果です。②の中で直接健康に関係してくるのは歯間ブラシぐらいでしょうか。

 

そうすると実際に健康に関するお金は20000円もかかっていません。

 

3年前の4分の1以下です。胃カメラ代を入れても2年前よりも少ないです。

 

内訳を見ても、1年前は整体は1回だけで、それ以前は年に何回も行っています。

 

二日酔いの時の薬も多かったし、当時顔面神経痛があったり、耳が悪かったりして、何度もクリニックに行っていました。

 

1km走るだけでどれだけの効果があったのか

 

3年前あたりからほぼ毎日1km走るのをはじめたのが一番大きな変化です。

 

統計によると、40~44歳の1年間の医療費の平均は10万円程度。45~49歳は13万円程度。だんだん増えていくわけです。

 

これは当然病院にかかった医療費から計算されているでしょうから、ぼくの場合は3年前でも4万円くらい。1年前で1万円くらい。

 

比較すると、3年前の時点で平均からマイナス6万。1年前でマイナス9万です。しかも、年々増えるどころか、減っています。

 

別に病院行くのを我慢しているわけじゃないですよ!健康になっているんです。

 

病気や不調を感じない人もいますが、そっちのパターンじゃないです。

 

そうすると、2日に1回1km走ったとして183回/年なので、3年前で言えば60000÷183=328円、2年前で90000÷183=492円。

 

1km走って約5500円。

 

最初の数字を簡単にします。

3年前 80000円   2年前 40000円  1年前 20000円

年間で40000とか20000万とか減ってますよね。3年前から2年前では月に3000円以上。3年前から1年前は5000円です。

 

つまり1日1km走ることで、月5000円の節約に成功したということです。

 

そして、一般的な日本人は健康にかけるお金が年々増えていきます。でも、ぼくはこのままいけばしばらくは増えるどころか減っていきます。

 

40代以降健康でいられるなら1000万円投資するくらいの価値はある

 

日本人生涯医療費の平均は2600万円といわれています。

 

生涯医療費のうち、累計医療費は、40代までで500~600万です。ということは、50代以降で2000万円かかります。

 

健康でいつづけられたら2000万円かかりますか?想像しましょう。

 

統計では70歳までに生涯医療費の半分を使うそうです。つまり1300万くらいです。

 

1年間の医療費は40代で年間15~20万、50代で20~30万、60代で40~50万、70代で70~80万。

 

健康な人がこんなにかかるでしょうか。ここはざっくりですが、半分で済むなら50代以降は2000万の半分の1000万円ですね。

 

また、年間生命保険料は男性で年間23万、女性16万、1世帯で38万。もし健康でいつづけられる自信があるなら、生命保険料見直しませんか?

 

ぼくはガン保険を考えたことがありますが、まだ今後10年はガンにかからないとふんでいます。

 

ガン保険は月平均2000円くらいでしょうか。

 

これをやめるというだけで月に2000円減りません。また、どうせ2000円かけるなら積み立てNISAにするということと比較してみてもいいですよね。

 

保険に2000円かけるのか、積み立てNISAやidecoに2000円かけるのか、こういうことは比較検討する必要があります。

 

ただしこればっかりは何が起きるかわからないので、人に強制したり保証することはできません。

 

ぼく自身ほざいてますが、明日にはどうなっているか、究極的にはわからないわけです。

 

どの資産運用が効果的なのか、リスクが低いのか

 

でも、走るだけで節約ができているなら、それは元手0円ということですよね。

 

うまくいけば、元手0円で1年で数万円医療費が浮く。

うまくいけばガン保険かけないで月2000円浮く。

うまくいけば生命保険やめて月1万円以上浮く。

 

そういう可能性があるわけです。

 

株に投資するのと走るのと、どっちがリスクありますか?

生活費を削るのと走るのと、どっちが好循環を生みますか?

生命保険をやめるのと、毎日走って積み立てNISAやidecoに投資するのとどっちが効果的ですか?

 

もし毎日走って月5000円節約できたなら、株の投資で月5000円損しても、総資産としてはトントンです。

 

そう考えるとそんなリスクじゃないですよね。

 

と、ぼくは考えて、最近idecoをはじめ、積み立てNICA(妻に委任)とNICAをはじめました。

まとめです。

健康を維持すれば、好調になれば、その分資産は増えます。

  

おしまい

 

☆このブログ「自分でなおす」は、あくまでも素人の投稿ですので、正しいなおし方かどうかの保証はありません。おっさんがんばってるなあ、それはちがうだろとか思っていただけたら満足です。みなさんのお役に立てる情報になれば、なおうれしいです。

プロの方からのクレームはお控えください。反対に耳寄りな情報、解決法を教えていただけたら大変ありがたいです。読者の方々にとってとても有意義なものになると思うので、ぜひ教えてください。

 

ご拝読ありがとうございました。